HOME > 共同研究・共同開発に向けて

日本語English

共同研究・共同開発に向けて

セルジェンテック社は、遺伝的に酵素や機能タンパク質の欠損症の治療に向けて、治療タンパク質遺伝子を導入した遺伝子治療用脂肪細胞医薬品の実用化開発を行っています。
遺伝子導入によって治療タンパク質を産生、分泌させる遺伝子治療は各種細胞で試みがなされていますが、脂肪細胞は遺伝子発現様式、また癌化否定など安全性の面から優れた特性を有しており、またその寿命から難治性慢性疾患へ長期に亘る安定持続した治療効果が期待されます。
セルジェンテック社の遺伝子治療用脂肪細胞医薬品は、

  • 1. タンパク質・酵素欠損或いは低下の是正による先天性代謝異常疾患の治療
  • 2. 病態を是正する組換型タンパク質分泌(局所または全身)による難治性慢性疾患の治療

が期待されます。

セルジェンテック社は、多くの疾病治療に向け、遺伝子治療用脂肪細胞の汎用性のある技術を、多くの難病に苦しみ患者様に早く、広く提供することをミッションとしております。本技術に関心のある製薬企業、ライフサイエンス関連企業および研究機関からのコンタクトをお待ちしております。

(写真)ラボ
HDL-コレステロールが非常に低い。その原因と対策は。 お問合せ 研究員・技術開発員 募集